初めての妊活

妊活にアプリを利用する

妊活はまず基礎体温を計ることから

子供がほしくて妊活中の方はたくさんいますが、すぐ妊娠できる方もいればなかなか妊娠できない方もいます。もしなかなか妊娠に至らないのなら、まず基礎体温を計ることから始めてみましょう。
基礎体温は毎朝同じ時間に、目覚めたすぐの状態で計ります。これで何が分かるのかというと、自分の体の状態がよくわかるのです。
妊活成功には、基礎体温が低温期と高温期の二層にきれいに分かれていることが条件となります。体温がガタガタで、低温期も高温期もよくわからない状態だと、卵子や子宮の状態があまり良くないかもしれません。
また、二層にはなっているけれど体温が低すぎる場合も、着床しづらいタイプの傾向があります。何周期か計ってみてもずっと体温がきれいに二層にならなかったり体温が低すぎる場合は、病院に行って改善する必要がある可能性があります。こういうタイプの方は生理周期が不順なことも多いです。
病院を訪れる際は、自分で記録した基礎体温表を持参すると話がスムーズに進むでしょう。

妊活にアプリを利用する

妊活にアプリを利用する 現在、子供が欲しくて妊活をしている世代のほとんどの人はスマホを所持しています。そのスマホで簡単に妊活が出来るようになりました。
妊娠するためには、女性の排卵がいつになるのかを確実に把握することが重要です。いくら性交渉をして精子が子宮の中に入っても、そこに受精する卵子がなければ妊娠できないためです。
そこで活躍するのがスマホのアプリです。現在では有料・無料の妊活アプリがたくさん登場していて、毎日計測した基礎体温を記録し、その変化をグラフとして見ることが出来たり、その変化から次の排卵日の予測をすることも可能になっています。
基礎体温を測るのが面倒でも、生理日の記録をすることで次の排卵日の予測が出来るものもあります。「子供が欲しいから」という理由でなんとなく性交渉を行うよりは、これらのアプリを利用して予測された排卵日付近に性交渉を行う方が、妊娠する確率は高くなるでしょう。
他にも生理日の予測やダイエットのサポートなどにも利用できるので、自分にあったアプリを見つけて利用してみてください。

Copyright (C) 2016 初めての妊活 All Rights Reserved.