初めての妊活

妊活中の食事と運動について

妊活をするなら食事とちょっした工夫を

夫婦で妊活に取り組んでいるご家庭も決して少なくはないのでしょうが、規則正しい生活を心がけるのと同時に、食事も大切になってきます。
女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンと呼ばれる成分があるのですが、これは大豆製品などに多く含まれているので、積極的に摂取するようにすると良いですし、男性は精子を作るために亜鉛が必要なので、妊活のためには牡蠣などを食べることをおすすめします。
とは言っても、これらの栄養素を毎日食事で摂るのは大変ですし、何よりも調理をするとなると、飽きないようにメニューを考えなければならないわけですから、慣れていないとなかなか大変な作業となります。
もしもそれが負担となるようなら、ストレスになるのは良くないので、サプリメントを上手に使っていく、ということも検討しておくと良いでしょう。
持ち運びに便利ですから、忙しくてやむを得ず外食になったのだとしても、カバンに忍ばせておいたサプリを飲んでおけば良いですから、とても便利です。

妊活に運動が必要なわけ

妊活に運動が必要なわけ 妊活をするためには、婦人科系疾患などの場合には病院での治療が必要となりますが、一時的な機能低下、冷えや慢性的な疲労、ホルモンバランスの乱れなどの状態の場合には、運動をすることで回復に向かう場合が多いです。
妊活に運動することにより、血行が促進され、冷えの改善や卵巣や子宮の機能低下を改善させることで妊娠しやすい身体を作ることができます。
次に、筋肉を鍛えることで代謝があがり、ホルモンバランスを崩れにくくするという作用もあります。
また、女性ホルモンの分泌を促す指令をする脳の視床下部はストレスに弱いため、運動をすることによりストレスを解消することができることも良い理由のひとつです。
妊活に適した運動として、まず、身体全体の筋肉を無理なく使ってゆったりとした動きをし、代謝の工場やリラックスの効果もあり、手軽にできるヨガ。柔軟性がない方でもできるストレッチ。下半身の大きな血管の血流を刺激し、子宮を温める効果も高いウォーキングなどが挙げられます。
妊活のために無理のない範囲ではじめることがお勧めです。

Copyright (C) 2016 初めての妊活 All Rights Reserved.